スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンオイル交換でもしーよおーっと!!

こんばんは、コビーです!!
今日こそはブログを更新しようと思っていたのに、気づいたら外は真っ暗に

どないしよ!!どないしよ!!オイル交換しよ!!ってことで、今日はオイル交換します
車種はスティード400まず使う工具は17mmのメガネレンチ
DSCF8542.jpg
スティードは車両の左側、ステップ裏側ラジエターホースの裏側にオイル抜きのドレンボルトがあります!
写真で撮りにくいので頑張って見つけてくださいみつけたら緩めます
DSCF8509.jpgDSCF8513.jpg
ドレンボルトがゆるまったら外してしまいます!                                                    この時オイルは勢い良く飛び出しますのでオイル受けを用意しておいてください!!!
そして、オイルはしっかりぬいてあげましょう
DSCF8515.jpg
しっかりぬけたらドレンボルトをしめていきます
この時ドレンボルトについているアルミのワッシャーを忘れずに付けてください!!
シッカリしめたら、後でオイル漏れと勘違いしないように付着したオイルはキッチリ拭いておきましょう

それではオイルをいれていきます
スティードの場合メーカー指定が2.1ℓちょっとおおめに用意しておきます!
DSCF8517.jpg
ここからいれます!エンジン右側オイルレベルゲージの部分です!
外した画像も載せておきます
DSCF8518.jpgDSCF8528.jpg
オイルは焦らずゆっくりこぼさずに入れていきます
僕はせっかちなので、よくこぼしてしまいますバイク屋としてはずかしいので、気をつけていれるようにします
DSCF8525.jpg
約2ℓ入れたら一度オイル量を確認します
車両を真っ直ぐ起こした状態で行いますので、センタースタンドがないバイクの場合はだれかに手伝ってもらうといいです!!
こんな感じで!!

DSCF8535.jpg
当店のベテラン整備士三宅先生です
バイクはこの状態の時にオイルレベルを量ります!!
レベルゲージはねじこまず差し込むだけでいいです
DSCF8538.jpg
ちょっと分かりづらいですが、画像のようにゲージのアッパーライン・ロアーラインの間にオイルが付けば、一度
ゲージを締め込み、オイルをエンジン内に行き渡らせるためにエンジンをかけしばらくアイドリングさせます

エンジンを止めてしばらくたったらもう一度バイクをおこしオイルレベルをはかります!!
少なければ足してあげてもう一度量りなおしです
ゲージの真ん中より少し上ぐらいにオイルが付くようになればOK
最後はレベルゲージをしっかりしめてください

オイル交換はバイクにとってかなり大事です!!!!!
自分でやってもバイク屋さんでやっても、そんなに値段は変わらないのでキッチリやってあげてください!
もしご自分で挑戦される場合は廃油処理にご注意ください

それではまた!!コビーでした

スポンサーサイト
プロフィール

yasikoba

Author:yasikoba

・Bike House MONSTERⅡ
・大阪府大阪市平野区長吉出戸2-4-32
・TEL 06-6799-9819
・FAX 06-6769-9994
・mail b.h.m2@monster-group.jp

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。